建築テンプレート集

各MAP毎のオベリスク展開テンプレート集です。
この通りに建てる事で、無駄オベを無くし、戦況を優位にすることができるかもしれません。
テンプレの通りにならない場合は、状況に合ったオベリスクを考えて建てる事を推奨します。
いかに少ない本数で領域を確保できるかが最も大切です。

前のページに戻る

オベ建築の基本

・ライン建て
図1
1と8、AとHのライン上に建てると隙間なく、効率よく裏オベが埋まる。(図1青線)

1と8、AとHライン上に立って、内側に向いて建てると、 マップ外に領域がはみ出さずに最大の領域を取れる。(図1赤線)
登れない崖上であるとか、よっぽどの理由が無い限り、青線よりは内側に建てるべき。
折られる時に時間が稼げるという理由でマップ端に建てるのはNG。
折られるのを意識するような場所は、もうエクリじゃないと駄目な場所。

・無駄オベを建てない
図5図6
紫~青の間にライン建て。
青~赤の間には基本的に建てない。
赤付近に1~2本建てる。

オベ展開の基本

・オベ展開順について
図2
K鯖においては、たぶん裏から建てるのがベター。
そもそも、リスクの高い前線方面から建てるのは、ATを利用するため。
堀が少ないうえ、ATでは止まらない数ゲーがおおいので、ATのメリットがない。
さらに裏から建てるメリットとして、無駄なオベが少なく、前線の様子を見ながら建てることができる。

・真ん中の領域
図3
キプ側から伸ばすか、裏から伸びてきたオベから伸ばすかは、前線次第。
大概の場合、キプ側から伸びている。

・裏一本目
図4
4と5のマスの真ん中、DとEのマスの真ん中に、ライン建てで建てる。
そこから3本で端のいいところに建つ。(黄色線かつ1,8、A,Hライン上)

真のオベテンプレ

図7
マップにかかわらず、真のオベテンプレがこれ。
あとは、マップごとの建築不可能箇所、前線の押し引きに合わせて微調整。
ラインオベと真ん中4つの四角だけできれいに埋まるのです。

建築関連データ集

オベリスク破壊ダメージや与える領域ダメージ等のデータへのリンク。

拠点ダメージまとめ